各界の著名人から、絶賛の声が続々!!

映画『洋菓子店コアンドル』を一足早くご覧頂きました各界の著名人の皆さんから、
応援コメントをいただきました。

大泉洋さん(俳優)
深川監督の映画を観た後はいつもしばらく動けなくなる。
映画の長い余韻が身体を縛りつけて動けなくする。
何故あそこまで一つの洋菓子店を舞台に
人々のせつなくも一生懸命な生き様が描けるのか。
主人公なつめが登場してから、エンドロールまで、
ずっと鼻にわさびが効いてるようなツーンとした感覚が続いた。
この映画の感動が、コアンドルのケーキの味を十分に想像させてくれる。
最高のスタッフと最高のキャストが造り出した紛れも無い傑作だと思う。
いやぁ面白かった!


ともさかりえさん(女優)
甘いことばかりじゃないけど、人生。
諦めずに生きることの難しさ。
分かっているからこそ温かくなる。


鎧塚俊彦さん(TOSHI YOROIZUKAオーナーシェフ)
パティシエの苦悩と喜びをうまく表現して頂いています。
思わず感情移入して涕泣してしまいました。


高木康政さん(ル パティシエ タカギ オーナーシェフ)
私も20歳の修業時代にパティシエは幸せを配達していると自負し、
それから24年間「幸せ配達人」と名乗って仕事をしておりますが、
この作品は心のなかをうまく表現している映画だとおもいました。
なつめ(蒼井優さん)みたいに、根性のある若者が業界に入ってきたら幸いです。
また、子を持つ親として十村(江口洋介さん)の気持ちに賛同させられました。
パート2、3と続編を楽しみにしています。
素晴らしい作品に出合え、感謝いたします。


ケンタロウさん(料理家)
おいしいものは人を幸せにするということが、まっすぐ描かれていてうれしくなった。
人が頑張る姿は最高だと改めて思った。


長谷川理恵さん(モデル)
なつめの真っ直ぐな生き方とジュエリーのようなスイーツに魅了されました。
元気をもらいたい人にオススメです!


浜島直子さん(モデル)
不器用だけど一生懸命生きている人たちの人間交差点。そこにケーキがあってよかった!


くらもちふさこさん(漫画家)
素材を割ったり、ホイップしたり、練ったり、焼いたり、かけたり、飾ったり・・・
ケーキが出来るまでの工程をドラマに例えると、きっとこんな物語。


コウケンテツさん(料理研究家)
「おいしい。」 そのひと言が、その想いが、人を、世界を変えるんだ。


SHIORIさん(フードコーディネーター)
なつめと海くんのシーンはとてもせつないです。
スイーツの物語はどこかビターな世界も描いています。

トラックバック一覧

この記事のトラックバックURL